7つの大罪39昔のメリオダス

7つの大罪39話 あらすじ

収録巻数6巻

ケインの服の紋章は「ダナフォール」のものだと気づく観衆

 

エリザベスの生まれ故郷でもあるようだ

 

7つの掟その3『七つの大罪はお互いの罪を鑑賞しない』

 

とういものがあるので、団長の過去を詮索するなと、ディアンヌとキングに口を挟むバン。

 

団長は過去に国を滅ぼしており、そのことでケインに恨まれているようだ

 

ケインの繰り出す炎の攻撃を団長は避けることもせずにわざと喰らっている。

 

ケイン「なぜ、リズを殺したんだぁー!!」

 

団長「守ろうとした、全てを守りたかった。でもできなかった。それが俺の罪だ。だから今度は守らないきゃならないんだ!」

-------スポンサーリンク-------

 

団長は炎の玉をかき消した。

 

 

ケイン「メリオダス、さっきの言葉信じていいのだな。ダナフォールを皆を裏切っていないと・・。」

 

 

団長「ああ」

 

これによって、メリオダスとの確執が晴れて、ケインは負けを宣言した。

 

 

決勝戦は・・・メリオダスVSマトローナに決まった

 

 

団長とは戦う気のなかったディアンヌだが、、、バンがさくらを仕込み、女性に黄色い声援を贈らせた。

それに激怒したディアンヌ(マトローナ)がマジで団長と戦う流れとなった。

 

39話 完

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ