七つの大罪40話 喧嘩祭り決勝戦スタート

7つの大罪40話 あらすじ

収録巻数6巻

 

マトローナは攻撃の手を休めず団長へ連打する

 

身体が小さくなっていても元が巨人族のためパワーはメリオダスと同じかそれ以上にあるようだ。

 

なかなか決め手に書く展開が続く・・・

 

観客からはヤジもも飛んでくる。

 

観客「いい加減茶番をやめろ!」

 

 

メリオダス「いいだろう。茶番をやめてやる」

「俺の正体は七つの大罪団長 憤怒の罪メリオダスだ。」

-------スポンサーリンク-------

 

 

七つの大罪「あと一分以内に町から消え失せろ。さもないと七つの大罪が皆殺しにする。」

WS000095

 

 

急に七つの大罪の態度が急変し、大会をぶち壊しにしてしまう。

 

7つの大罪40話 完

 

 

●一言
物語が急展開で進んでいきますねー。今後の展開に期待したいです。

でも、ディアンヌVSメリオダスは最後まで描いてほしかった。できればディアンヌの勝ちでね(^^)

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ