七つの大罪44話 封印されたメリオダス様

7つの大罪44話 あらすじ

収録巻数6巻

 

メリオダスはペンダントの中に封印されてしまう。

 

開放するうよう要求するエリザベス。

 

ベロニカは、メリオダスは悪人で、無知なエリザベスを悪用していただけだと言う。

 

それでも言うことを聞かないエリザベスを魔力で付き人が封じ込める。

 

無理やり王国へ連れて帰るようだ。

 

そこへバン登場!

バンはベロニカを人質に取り、エリザベスにかけた魔力障壁をとくように指示する。

 

一方その頃・・・

-------スポンサーリンク-------

キングは復活したギーラとジェリコと対峙していた。

キングは魔力がなくなっているメリオダスとディアンヌが心配なので救出に向かおうとする。

ギーラとジェリコも攻めるがキングの魔力の相手にはならなかった。

 

キング「たしかに君たちはかなりの強さだ、もう百年修行すればイイ線いくんじゃない」

 

と、キングが一撃を決めようとしたときキングの技をかき消した。

その相手は、喧嘩祭りの審判をやっていた奇妙な男だった。

その男の正体はヘルブラム。

 

 

44話 完

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ