実写版の暗殺教室 かわいいビッチ先生役は元KARAのジヨン

ビッチ先生役は元KARAのメンバー

ジヨン

 

暗殺教室では間違いなく一番カワイイ女性のビッチ先生(*゚▽゚*)

そのビッチ先生の実写版の役に元KARAメンバーのジヨンが選ばれました。

 

 

ビッチ先生は5月に椚ヶ丘中3Eにやってきた殺し屋です。登場した回ではその美貌で殺せんせーをトリコにして暗殺を試みましたが実弾が通用せず失敗に終わりました。その後はそのまま椚ヶ丘中3Eの英語教師となって暗殺教室ではいなくてはならないキャラにまでなりました^^

 

イリーナ・イェラビッチというのがホントの名前だが見た目の容姿などからビッチ先生と呼ばれるようになる。

 

殺し屋としての8年間で暗殺した人数は11人。20歳で170センチ50キロ、スリーサイズはB97W60H91で誕生日は10月10日。お色気を駆使したハニートラップで暗殺するのが常套手段。

 

実写でもその色気が気になるとこですが、ジヨンてどんな女優なんでしょう?

 

 

ジヨンのプロフィール

知英(ジヨン)は韓国出身。誕生日は1994年1月18日。出身地は京畿道坡州市というとこ(ぜんぜんワカンネ)。身長は167センチで体重は??。血液型はO型です。

 

ジヨンは2008年K-POPを代表するKARAに加入し同年7月に『Rock U』でデビュー。日本のTVドラマ初出演は、日韓合作ドラマ『恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜』です。ちょっと見てないですね。メンバーからは最年少だったこともありマンネ(末っ子)と呼ばれていたそーです。実は実際の家族の中でも3兄弟で末っ子みたいです。

-------スポンサーリンク-------

 

韓国の芸能事務所との契約が満了でKARAを脱退した後、日本へ復帰するキッカケとなったのはジヨンがロンドンで友人との食事会に参加していた際に、日本の芸能事務所『スウィートパワー』の社長が同席していたこと。この場でシャチョさんと意気投合しついでに女優への想いを打ち明けた所、ウチコイヨ!となったみたいデス。

 

ジヨンという名を知英という芸名で活動再開したワケは「KARAの時代は可愛いというイメージだったが、大人のイメージチェンジということ。ファンとしても『ジヨン』の名前に愛着があり、読みが同じ本名だと親しみやすいのでは」という意味があるそうです。

 

韓国語は当然ですが、今では日本語に加え英語もペラペラに話せるそうで、地獄先生ぬーべーのゆきめ役に抜擢されるなどドラマでの台本を読むこともありますが、普通に読めるレベルらしいです。トータル3カ国語話せるとか結構すごいですね(;・∀・)

 

ファッション雑誌non-noのレギュラーモデルにも採用され、充実した芸能活動ができてるみたいです!

 

好きな食べ物は日本ではたくあん、韓国ではプルコギらしいです。初めて覚えた日本語は佐賀牛だとか。

 

 

ぬーべーに引き続いて暗殺教室で知英が起用されます。正直ドラマぬーべーは見てなかったので実写暗殺教室で知英を初めて見ることができると思います(^O^)そのときはまた感想書くかもしれません。

 

思ったより可愛くなかったらドウシヨ。

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ