ダイヤのエース 412話で第一部完 『Glory』ネタバレ感想

412話の内容

~前回までのあらすじ~

激闘の末、秋大会を制覇し選抜甲子園を決めた青道高校。一気に時は流れ舞台は春の甲子園へ

 

 

 

卒業式が行われ、先輩と記念撮影を撮る生徒たち。沢村も涙を浮かべながら挨拶する。

春の甲子園では薬師高校が打線が活発で轟のタイムリーヒットのシーンがテレビで映されている中、稲代に国友に日本代表監督を要請する。

青道高校の甲子園が描写される。落合コーチ誕生秘話も書かれていて、娘が5歳でマンションのローンも残っている為嬉しかったらしい。

エース降谷が151キロを計測するなど打者を圧倒。余裕すら見える青道ナインの中で秋大会はチームに貢献したゾノ先輩が自分のスイングを見失いひっそりとスタメンしていた。

全国制覇の為の継投として7回2死からマウンドに上がる沢村。

-------スポンサーリンク-------

『誰もが気軽に行ける場所を誰が目標にすんだよ。難しいから挑戦する。簡単に達成できねえから夢なんじゃねーか。甲子園に何があるか?知りたきゃてめぇの目で見てこい』

 

ダイヤのエース第412話『Glory』-完-

 

 

感想

まさかの甲子園1話完結。驚きましたが斬新で良かったと思います。次にダイヤがマガジンの掲載されるのは10号11号らしいので、何かの充電期間でしょうか?こちらでは特別番外編を掲載予定みたいですので甲子園で何回戦まで勝ち上がったのかなどは書かれないかもしれないですねー。

ダイヤのエースは春頃に第2部編が始まるとのことで、こちらで甲子園の続きか、甲子園はこんな結末だったから夏までの課題かなにか見つかったとかでスタートするんじゃないですかね!

寺嶋裕二さんは結婚かなにかイベント事でもあるのかも?

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ