エスカノールはエジンバラの吸血鬼!七人目ついに現る!

ついに7人目現る!

@

 

 

七つの大罪番外編『エジンバラの吸血鬼』の中で遂に7人目の大罪人エスカノールの素性が明らかに!

 

 

エスカノールはヒョロイ系

 

 

@

 

 

これがエスカノール!!かなり見た目はヒョロイです。

しかしメリオダスが「お前の神器は重すぎだな・・」と言っていたので神器の斧を使用するエスカノールはかなりの怪力と予想できます。

 

 

@

 

 

七つの大罪のOP曲が始まる前のナレーションの時に鎧をまとった<七つの大罪>がいますがエスカノールは一番右ですね。斧とみられる神器を手にしています。それもアップになった時に見られますが結構大きい斧ですねー。

 

 

@

イメージ的にはこんな感じの斧です!

 

 

服装もかなり変わった服ですねー。肩のあたりから肘のあたりを包み込むようなこの服はどういうイメージで作ったんでしょうね。ホークは喋るし実はエスカノールかとも思いましたがそれはなかったようですw

エスカノールの能力と団長との関係

 

 

エスカノールとメリオダスの関係は12年前にさかのぼるようです。

メリオダスたちがリオネス国で犯した聖戦は10年前ですからまだ聖騎士たちに追われる以前に共に行動していたようです。

リオネスの国家転覆罪に追われる前、リオネスの隣国エジンバラから夜更けに使者が現れます。エジンバラを吸血鬼たちが占領し虐殺していた。また吸血鬼化していく中で徐々に王都は占領されていった。

ザラトラスが古の石棺に封印していた吸血鬼だが壊れていたため原因究明する為<七つの大罪>に指令を出します。エジンバラではバンがアサルトハントで吸血鬼化した聖騎士たちを倒していくシーンも。その場所には吸血鬼王族の薔薇のオルロンディが現れる。バンは血を吸われるが不味いで済んだようです。

 

一方でリオネスではエスカノールが登場!エスカノールも吸血鬼でした。

-------スポンサーリンク-------

 

 

@

 

 

エスカノールと共に行動するメリオダス!

エスカノールはできれば朝方までには帰りたいと言っていましたので吸血鬼らしく夜にしか力が発揮できないのかもしれませんね。

また出勤前に姿がヒョロイだけで深夜のエスカノールは手配書のように老人になるのかドラキュラみたいになるのか分からないですが変身して強くなるのかもしれないですね!

 

 

@

 

 

夜のエスカノールは老人みたいな風貌でそれを見た人が作った手配書なのかもしれないですね!

メリオダスも深夜0時になるとグッドタイミングだと行って活動開始したので夜に力を発揮できるのは間違いなさそうですね。

 

 

エスカノールまとめ

 

 

・見た目はヒョロイ青年

・ホーク説は違った

・年齢が他のメンバーと同じくらいに見える

・吸血鬼だった

・なので夜に力を発揮するっぽい

・罪名は傲慢の罪(ライオン・シン)で印となる獣は獅子

 

 

能力予想

 

 

エスカノールは吸血鬼(ドラキュラ)なので他の漫画やゲーム作品からドラキュラ的なキャラの能力と類似する可能性が高いです(特に鈴木央センセーの場合)

簡単に技を予想してみます。

 

 

 

エスカノール技予想

 

 

・血を浴びる、もしくは傷口から血液を吸い取り体力回復

・血管を触手のように使い攻撃

・火炎攻撃

・亜空間からモンスター召喚

・コウモリ変化

・目から光線

・体毛が針へと変化させ攻撃

・髪を伸縮させ斧を掴んで攻撃

 

 

 

こんな感じの技となるんではないでしょうか?

<七つの大罪>は神器を持つことでパワーアップするので斧を持った時もっと協力な技を使いそうですがとりあえずドラキュラっぽい技は上記のような感じです。

 

 

エスカノールはいつ原作に登場するのでしょうか、登場が楽しみです^^

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ