土竜(モグラ)の唄43巻【発売日・ネタバレ内容、伏線考察】

土竜(モグラ)の唄43巻 発売日・表紙

高橋のぼるが描く土竜の唄43巻のネタバレ内容と

伏線の考察をしていきたいと思いますが、まずは

発売日、表紙の紹介です。

 

@

土竜(モグラ)の唄43巻

著者 高橋のぼる

価格 596円

発売日 2014年12月26日

 

高橋のぼるが描くモグラの唄43巻発売日は2014年12月26日となっているので、集めている方はお近くの書店やAmazonなどでお買い求めくださいヽ(・∀・)ノ

 

ネタバレ内容考察

 

物語も遂に終盤突入!?

具体的に轟周宝会長を捕らえるべく動き出した玲二!

月原の誘いは罠なのか?それともただ自分がのし上がる為だけに

玲二を利用するだけなのか?

玲二には片腕を失った恨みはあるハズ…。

作中ではもう恨みはない、

-------スポンサーリンク-------

玲二を殺した所で1円にもならないと月原は言い玲二も納得していたが…?

 

 

パピヨンにシチリアへ飛ぶことを告げに行くがパピヨンは

「俺も行くよ」

と、まさかの一言。

玲二は1人では行きたかっただけに怪しい素振りを見せ、

パピヨンはそれを見逃さない。

「兄弟、なにか隠してるな?」

 

けっきょく兄弟パピヨンはシチリアへ賛同する模様!

もし麻薬密売ビジネスの現場を見られたら?

玲二の正体がここでバレる?

奇跡的に危機を乗り越え轟周宝を捕まえるのか?

 

ハラハラどきどきするこの展開、いったいどちらに女神は微笑むのか!

 

伏線考察

 

よほど著者の高橋のぼるがモグラを終わらせようとしてない限り、

いきなり急ピッチにエンディングに進むとは考えにくい。

 

パピヨンにバレて轟周宝を捕まえてアッサリハッピーエンド!

てなことにはまずならないと思うので、恐らくシチリアでは轟周宝は

捕まえられないのでは?と思いますね。

 

よくいってもパピヨンに潜入捜査官という事がバレて、

信頼しあっている2人の絆で潜入捜査続行!

という流れまで、かなと思います。

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ