七つの大罪33話 喧嘩祭りでのマトローナ

第33話の内容

前回までのあらすじはコチラ

 

 

 

ディアンヌの胸の谷間に挟まれたエリザベスが私はここだとキングに言う

エリザベスとディアンヌが夕食の食材を探しに森を歩いているとエリンギ型のチキン・マタンゴに生物を収縮させる胞子を噴出されそれを浴びたらしい

なんでもっと早く言わないんだとメリオダスが言うとビックリさせたかったと言うディアンヌ

抱っこされて嬉しそうなディアンヌに嫉妬するキング

 

 

 

きっとボクは体が大きいから団長はかまってくれないんだとへこむディアンヌ

メリオダスが頭をなでる

 

メリオダス「大事な仲間にそんなことできるわけねーだろ、これで我慢しろ」

 

ディアンヌは嬉しそうな顔をして我慢する♡と言う

エリザベスはどこか複雑そうな表情をしている

 

 

 

バンがB組の喧嘩が終わりそうでキングの出番が近いぞと言ってくる

ディアンヌにマトローナって名前はなんだよとバンが聞く

ディアンヌはちょっとした昔の知り合いと答える

 

さらっと答えてますが本当に知り合いなんでしょーか??

-------スポンサーリンク-------

 

 

 

B組では中途半端に粘るタイズーについに魔力を使うハウザー

腕に風がまとわりタイズーを遥か上空に殴り上げ場外にする

 

1回戦B組勝者ハウザー!

 

 

 

続いて1回戦C組の紹介が入る

身長5.4フィート体重5ポンドおっさん(キング)

身長5.1フィート体重108ポンドケイン

キングの神器はメリオダスが預かる

キングはディアンヌに応援され喧嘩祭りの勝利と神器を捧げることを誓う

 

 

 

ケインのワンパンでやられるキング

おっさん場外!

 

1回戦C組勝者ケイン!

 

 

 

ベロニカやグリアモールと合流したハウザーが喧嘩祭りに参加しているチビはメリオダスに間違いないとグリアモールが言う

ハウザーはマジかよと驚く

 

 

image

 

 

メリオダフVSバーン喧嘩開始ッ!

 

 

七つの大罪33話『大荒れ模様』-完-

 

 

34話『メリオダフ対バーン』に続く

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ