七つの大罪34話 16年前のメリオダスとバンの初対面

第34話の内容

前回までのあらすじはコチラ

 

 

 

ハウザーがあのチビが<七つの大罪>団長で頬の傷の男はバン!?と驚いている

ベロニカとグリアモールが二人で来た目的はあくまでエリザベスの救出だと言う

ハウザーは伝説の<七つの大罪>をこの目で見られると興奮して喜ぶ

 

 

 

メリオダフ対バーン開戦!

 

 

司会が選手紹介をする

身長5フィート体重110ポンドメリオダフ

身長6.9フィート体重170ポンドバーン

喧嘩開始の合図がある

 

 

 

メリオダスがリングの外に出たら負けって昔を思い出すと言う

バンがケチケチしねーで教えろよ~♪と言う

すぐに思い出すと言うメリオダス

バンを殴った瞬間バンが16年前出来事の思い出す

 

 

 

16年前回想

 

 

 

バンは妖精王の森全焼失の罪で死刑執行となるため牢に閉じ込められていた

メリオダスがバンのいる牢に行く際に看守がバンについて説明する

死刑執行33回、首をはねようが焼こうが生き延びて人間じゃないと言う

-------スポンサーリンク-------

メリオダスがバンまでたどり着くとバンがまた死刑か?と言う

メリオダスが不死身のバン、お前はオレと牢を出てもらうと言う

バンは牢は出る気はないと言いメリオダスは力づくで出すしかねぇかと言う

 

バンはメリオダスのパンチで牢の外に殴り出された

 

 

 

16年前回想終わり

 

 

 

image

 

 

バンは楽しむようにメリオダスを殴る

メリオダスがなんのと言いバンを地面に殴りつける

バイゼルの大岩が真っ二つに割れ再び激しく殴り合う

ハウザーがどっちも化物すぎんだろと驚く

神器を使えないキングはあの場所に立っているのが自分じゃなくて良かったと心の底から思う

両者殴り合ってる途中メリオダスが急に膝をつく

 

 

16年前のおかえし開始!

 

 

七つの大罪34話『メリオダフ対バーン』-完-

 

 

35話『奪われたメリオダス』に続く

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ