レイナとブロヴーダの泣ける話

ハンターハンターキメラアント編で

人間側についたコルトの妹がレイナなワケですが、

アリ側のブロヴーダとの感動的な泣ける話があります。

 

SANYO DIGITAL CAMERA

コルト「レイナはオレが守る

師団長クラスのキメラアントであるコルトが放った

この言葉。

実は幼い頃にレイナが女王に食べられた

苦い過去を潜在意識の中で無意識に

呟いた言葉だった…

 

@

コルトがヒトだった頃はクルトという名前でした!

 

 

そしてアリとなってしまったレイナがこちら。

 

@

お母さん「レイナ!?

レイナ「なんでわかるの…?

 

まさにアリとなってしまったレイナですが

お母さんはそんな事気にしません。

 

まさに母親の鏡!

 

そんな感動のシーンの横で

一緒にいたアリがブロヴーダ

-------スポンサーリンク-------

 

@

@

ザリガニをモチーフにしたアリ、ブロヴーダが外にいましたが

レイナが呼び止めます。

 

 

@

レイナ「ありがとう 食べよ?

ブロヴーダ「……

 

レイナが一緒にごはんを食べようと誘います。

母親と感動の再会を果たしたレイナは

嬉しさのあまり涙が出ています。

 

@

レイナ「いっしょにごはん食べよ?

ブロヴーダ「!? あれ?何だコレ?

 

 

泣ける!!゚(゚´Д`゚)゚

 

イカルゴとマジバトルもしたブロヴーダが

こんな形でハッピーエンドになるとは

全く思わなかったです(´;ω;`)

 

 

うーんやっぱり冨樫義博はスゴイよね。

 

コルトはレイナに会えたのかな?

 

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ