七つの大罪38話 偶然と必然

7つの大罪38話 あらすじ

収録巻数6巻

 

キレるハウザー。第三王女であるエリザベスはハウザーの存在を昔から知っていた。

 

ハウザーは普段は人の良い男だが、一度キレると手がつけられない男なのだと言う。

 

ハウザー「ワール・ショック」

 

まだまだ

 

ハウザー「スーパーサイクロン」

 

 

ハウザーはたて続けに大技を繰り出す

巨大な竜巻が出現して、マトローナを巻き込んでしまう

 

マトローナ「重金属(ヘビメタ)」

 

マトローナは全身金属のように変身し、竜巻に飲まれたと思いきやそのまま落下してきた

-------スポンサーリンク-------

のしかかり攻撃のような形でまともにマトローナの攻撃を喰らったハウザーは完全ダウンとなり敗北した。

 

マトローナの正体が七つの大罪のディアンヌだということはハウザーにはすでにバレていた。

 

 

続いて準決勝第二試合

 

団長(メリオダフ)VSケイン

ケインの見た目は、いかにも弱そうな老人。

ケインは昔のメリオダスのことを知っており、メリオダフのことをメリオダス息子だと思っていた。

メリオダフは自分は、メリオダス本人だと言った。

 

メリオダスは三十路すぎになっているので、今の見た目のままではおかしいと指摘するケイン。

流すメリオダフ。なにかの伏線になっている気もするが・・・・

 

 

メリオダフVSケインの試合が開幕ッ!!!

 

38話 完

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ