七つの大罪第12話『混沌の宴』【ネタバレ】

第12話の内容

前回までのあらすじはコチラ⇒七つの大罪11話

 

 

 

ディアンヌの様子が変なので本当に大丈夫かと聞くメリオダス

記憶は曖昧だが大丈夫と言うディアンヌ

まずはダナ先生の娘セネットを助けようと言うメリオダス

バンの心配をするエリザベスだがバンはオレたちが近づくと勝手に出てくると言う

 

 

 

突如聖騎士ルインがディアンヌの前に現れる

ディアンヌは団長に気をつけるよう振り向くも誰もいない

怒ったディアンヌはルインを殴りかかる

が、実際に殴ったのは団長の方だった

 

 

 

完全に我を失っているディアンヌ

ひとまず逃げるメリオダスたち

先で待ち構えていたルインにメリオダスは術をかけられてしまう

ディアンヌを元に戻せといって攻撃した相手はディアンヌだった

エリザベスはまさかメリオダスも操られたのかと心配する

-------スポンサーリンク-------

 

 

 

バステ監獄

 

 

身ぐるみをはがされたジェリコが監獄中の兵を集めろと言う

俺の服も持って来いと言う

ジェリコの鎧を気に入ったバンだったが小さすぎて着られずに残念そうにする

いい女がいると騒いでいる男がゴルギウスがされってきた女だと言う

名前はセネットだと言いダルマリーの医者の娘らしいと言う

 

 

 

男はこっそりいただいちゃってもいーよなと言う

バンは気に入ったと言うと男ごと檻を殴りこじ開けた

 

image

 

 

バン参上ッ!

 

 

七つの大罪12話『混沌の宴』-完-

 

 

13話『捧げる覚悟』に続く

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ